アイアンマン3(MCUシリーズ)見逃し動画配信やレンタルを無料でフル視聴する方法

大人気シリーズ「アイアンマン」の完結編である『アイアンマン3』
主人公トニー・スタークの因縁の宿敵であるテロリスト集団テン・リングスのリーダー“マンダリン”の正体がついに明らかに!
日本公開の際のキャッチコピーは「さらば、アイアンマン」。
大人気シリーズの終焉はいったい・・・?
最後まで気が抜けない、怒涛の130分間!
こちらでは「アイアンマン3」の動画配信を無料でフル視聴する方法やあらすじ・キャスト・感想をまとめています。

映画『アイアンマン3』予告編映像

  • 見逃した作品、過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 住まいの地域で放送されない
  • CM広告なし、高画質で見たい

こんな方たちに、おすすめの動画配信サービスをご紹介いたします!

映画「アイアンマン3」のフル動画は
U-NEXTで配信中です!
現在レンタル作品ですが
初回ポイントで視聴することができます!

初回登録は31日間無料 &
\600ポイントプレゼント!/
⇩ ⇩ ⇩

映画『アイアンマン3』 を無料で視聴する方法は?

『アイアンマン3』は、動画配信サービス【U-NEXT】で配信中です!

そこで【U-NEXT】て聞いたことはあるけど、どういったサービスなのかわからない方のために簡単にまとめてみました!

ウイルスの心配がある違法動画サイトとは違い《安心・安全
圧倒的に多い作品数
が魅力的で
新作はポイントで視聴できます!
CM広告は一切ないのでストレスも感じません(*^^*)

無料期間のみお楽しみいただくことも可能なので
ぜひお試しください!
※無料期間内に解約してもらうだけ!

U-NEXT解約・退会方法や注意点は?


初回登録31日間無料&
\600円分のポイントプレゼント/

本ページの情報は2021年7月時点の情報になります。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

あらすじ

スーパーヒーローで編成された部隊アベンジャーズの一員として戦い、地球と人類を滅亡の危機から救ったアイアンマンことトニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)。だが、アメリカ政府はスーパーヒーローが国の防衛を担うことを危険視するようになり、それを契機に彼はアイアンマンの新型スーツを開発することに没頭していく。そんな中、正体不明の敵によってスターク邸が破壊され、これまでのアイアンマンが全て爆破されてしまう。何もかも失ったスタークだが、人並み外れた頭脳を武器に孤独な戦いに挑む。

Yahoo!映画 より引用

キャスト・吹き替え声優

トニー・スターク / アイアンマン – ロバート・ダウニー・Jr、日本語吹替 – 藤原啓治

ヴァージニア・“ペッパー”・ポッツ – グウィネス・パルトロー、日本語吹替 – 岡寛恵

ジェームズ・“ローディ”・ローズ / アイアン・パトリオット – ドン・チードル、日本語吹替 – 目黒光祐

J.A.R.V.I.S.(声) – ポール・ベタニー、日本語吹替 – 加瀬康之

ハロルド・“ハッピー”・ホーガン – ジョン・ファヴロー、日本語吹替 – 大西健晴

アルドリッチ・キリアン – ガイ・ピアース、日本語吹替 – 小原雅人

マヤ・ハンセン – レベッカ・ホール、日本語吹替 – 東條加那子

エレン・ブラント – ステファニー・ショスタク、日本語吹替 – 山崎美貴

エリック・サヴィン – ジェームズ・バッジ・デール、日本語吹替 – 桐本琢也

トレヴァー・スラッタリー / マンダリン – ベン・キングズレー、日本語吹替 – 麦人

シリーズ作品一覧

『アイアンマン3』を観る前に、こちらはご覧になりましたか?
(【】内は時系列順の番号)

  1. アイアンマン(2008年公開)【②】
  2. インクレディブル・ハルク(2008年公開)【④】
  3. アイアンマン2(2010年公開)【③】
  4. マイティ・ソー(2011年公開)【⑤】
  5. キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー(2011年公開)【①】
  6. アベンジャーズ(2012年公開)【⑥】
  7. アイアンマン3(2013年公開)【⑦】
  8. マイティ・ソー/ダーク・ワールド(2014年公開)【⑧】
  9. キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー(2014年公開)【⑨】
  10. ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(2014年公開)【⑩】
  11. アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン(2015年公開)【⑪】
  12. アントマン(2015年公開)【⑬】
  13. シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(2016年)【⑭】
  14. ドクター・ストレンジ(2016年公開)【⑮】
  15. ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年公開)【⑫】
  16. マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年公開)【⑱】
  17. スパイダーマン・ホームカミング(2017年公開)【⑯】
  18. ブラック・パンサー(2018年公開)【⑰】
  19. アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年公開)【⑲】
  20. アントマン&ワスプ(2018年公開)【⑳】
  21. キャプテン・マーベル(2019年公開)【㉑】
  22. アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年公開)【㉒】
  23. スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(2019年公開)【㉓】

全23作品にも上るマーベルシリーズ、劇場での公開順に観るか時系列順に観るかでも違った楽しみ方ができますね。

U-NEXTではMCUシリーズ作も配信されているので、そちらもチェックしてみて下さい!

日本での興行収入

『アイアンマン3』が日本劇場公開された際の興行収入はおよそ25.7億円…!

「アイアンマン」が9.4億円、「アイアンマン2」が12億円だったことから、作品に対しての評価が高まっていることがよくわかります。

シリーズ3作を合わせると、およそ47.1億円にものぼります。

感想

とにかくこの映画は、シリーズの1から本当に迫力があってワンシーンも見逃すところができないところが何回見ても面白いです。本来なら、こういうアクション系の映画だと、いちど見たら結末が分かってしまって、もう次はいいやんなくていいやと思ってしまいます。しかしながらアイアンマンについては、何度見ても本当に面白くて、見る観点を変えることができるところがとても魅力的です。特に、私のお気に入りのシーンは、最後のほうに、ビルから落ちるように思想的に駆け抜けていくシーンです。本当に3デニールだったら自分も入っているかのような、一瞬鳥肌が立ってしまうようなシーンです。しかしながら、この場面たと、私は、そこも凄くお気に入りで、みんなで最後の最後に息を止めて見てしまいます。第一シリーズに劣らず第二シリーズもとても魅力的でした。特に、特に、場面的には中盤なのですが、新たな登場人物も出てくるところが第二シリーズでは魅力があります。必見のシーンです。第3シリーズでは、第二シリーズに劣らない、最後のほうの詰め込むようなアクションシーンが本当に魅力的です。この映画は男性が向いているのかなと思いがちですが、私のように女性も見てもすごく楽しいし、デートで見るのにもぴったりだと思います。

この映画は、アメリカのマーベルコミック作品の実写映画化された「アイアンマン」シリーズの第三弾です。もちろん主人公トニー・スタークを演じるのは、ロバート・ダウニーJrです。この映画では、映画「アベンジャーズ」の後の世界が描かれています。「アベンジャーズ」でマーク7を着て戦ったわけですが、アベンジャーズの激闘により不眠症になってしまったトニーはスーツ作りに没頭してしまい、なんとマーク42まで作ってしまうのです。42体のスーツかずらりと並んだ光景は壮観でした。映画のなかでも様々な場面に応じて、その状況に即したスーツが登場して楽しめました。100トンの物を運べる運搬用のものや、マッハ5を超えるスピードで飛行できるものなどがあり、まさにこれからのロボット社会を想起させるものでした。そして最後の作品マーク42は、ゴールドをメインにしたカラーリングでアイアンマンシリーズの最終形に相応しいものでした。しかし、この映画のなかでは微調整が済んでいなかったため、リアクターのエネルギー不足などが発生して、テロリストのキリアンとの戦いは苦戦を強いられますが、最後はこのマーク42の他人にも装着させられるという新たな機能で、戦いに勝利します。パワードスーツ好きにはたまらない映画でした。

アイアンマン・シリーズの完結編です。3作目ですので、マンネリ感を心配したのですが、脚本と演出の良さでとても面白く、楽しむことができました。アイアンマンことトニー・スターク役のロバート・ダウニー・Jrの切れのいい体を張ったアクションと独特のセリフ回しが素晴らしかったです。それにしても、他の人の自尊心を傷つけてはいけないことが良くわかりました。そのおかげで、その人が悪魔のような人間になり、復讐してくる可能性があることを如実に表していました。映画の中で気に入ったところは、敵に攻撃されて傷ついたスタークが、少年に助けられ回復していく場面でした。二人が協力して兵器を手作りしていく姿がとても微笑ましかったです。殺伐としたシーンが続いた後だったので、ほっとした気分になりました。また、敵に破壊された飛行機から投げ出された人々を救う場面も印象に残りました。一人では全員を救えないと知ったスタークが、全員の手を繋がせることによって救出を可能にしていくところが素晴らしかったです。終盤の敵との最終決戦はテンポも良く、見応え十分でした。シリーズのもう一人の主役と言えるアイアンマン・スーツが大活躍します。シリーズの締めくくりとして最高でした。

今までのアイアンマンの中でトニーが一番人間らしく自分のことを表に出している感じがあるので面白いです。ローズ大佐と一緒に戦う姿が見れた時には二人の結束の力やコンビ力は最高だと感じました。アイアンマンになることができなくても自分の治世をフルに活用して敵をいかに出し抜くか考えている姿がトニーらしくてわくわくしました。子供に八つ当たりしてしまったりローズ大佐にスーツを貸そうとしなかったりところどころに出てくるトニーの性格が面白いです。ひどい部分ですが彼らしさがしっかりと出ています。また、スーツの仕様が新しくなるにつれて変身するシーンが現代的になっていたり目を惹くような美しさがあるので毎回見るのが楽しみになっています。パーツが次々と飛んでくるときにびっくりしますし痛そうなのですが意外と大丈夫そうなのにはくすっとしました。スーツを全て爆発させようとしているときにはいつかのときのために取っておいたほうが良いと思っていましたがトニーが新しい自分になるためにも次に進むためにも大事な事なのかと思いました。それでももったいないと思うのは私だけではないと思います。戦闘シーンがそれぞれが活躍していてどれもが頭に残るような内容なので本当に面白いです。

アイアンマンや2と比べて、トニーの葛藤が多く感じられたロードムービーと言った印象で新鮮味がありました。『アイアンマン』と比べ、精神的に成長した姿が見られます。しかし、『アベンジャーズ』で過酷な戦いを強いられたため、精神的に不安定になってしまいます。そんな彼がどのようにトラウマを乗り越えて行くのかが、この作品の大きなテーマになっています。
また、『アベンジャーズ』というフェイズ1のラストを飾った作品との繋がりを感じさせる要素も多いと感じることが出来ました。
さらに、前作『アイアンマン2』と比べ、J.A.R.V.I.S.がとても頼もしくなっています。AIである彼とトニーの掛け合いも、前作と同様にあります。J.A.R.V.I.S.の戦闘時の機転のきかせ方もパワーアップしていますので、そこも注目してみて下さい。
ポッツは前作よりも大きな事件に巻き込まれ、相変わらずトニーと一時的に仲が悪い様子ですが、意外に活躍するシーンがあって良かったです。前作で運転手だったハッピーが警備部長に就任していたとわかった時は嬉しかったです。
今作の敵であるマンダリンを演じるのは、ベン・キングズレーさん、日本語吹替では麦人さんとなっています。マンダリンの演技や、それに関わる衝撃な(?)展開も見どころの一つです。

こちらの作品はアイアンマンの3作目になりますね。それだけでも見る価値はあるとは思いますが、それだけではなくこの回では何と主人公の『トニー・スターク』が今までになく弱気を見せる回でもあります。それが多分一番の見どころになりますね。今までの作品では弱いところが『見えてしまった』という感じでしたが、こちらではあえて見せていくスタイルとなっている感じがします。それに今まで使ってきたアイアンマンスーツにも頼れないシーンもあるのでかなり興味をそそります。まあ、変わらずトニーがムードメーカーというのは変わりませんが。
 私が特に気に入ったのは戦闘シーンというよりも『ポッツとの恋愛事情』と『救助シーン』ですかね。詳しくは書きませんが、ポッツとは今までのシリーズで明らかにいい感じにはなってきてはいますが決定的なものがありませんでした。それにトニー自体、いろんな女性に手を出していますのでポッツの方から逆に避けていたのかもしれません。それが一気に進むストーリーにもなっています。
 もう一つのおすすめシーンの救助の方ですが、はっきり言って戦闘シーンよりも手に汗握る臨場感が味わえると断言します!必ず見るべきですね。

まとめ

今回は『アイアンマン3』についてご紹介しました。

U-NEXTではこの他にもたくさんの洋画・海外ドラマが配信されているので、気になる作品がある方はぜひチェックしてみてくださいね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました