人魚の眠る家(映画)無料動画配信や見逃しをフル視聴する方法!感想まとめ/篠原涼子主演

『人魚の眠る家』を無料でフル視聴できるおすすめの動画配信サービスをご紹介します!

見逃してしまった方もう1度見たい方に必見です!

\「人魚の眠る家」はU-NEXTで配信中!/

※初回登録31日間無料
※無料期間内の解約OK!

「人魚の眠る家」とは?

奇跡を信じた夫婦のある決断が運命の歯車を狂わせていく衝撃と感涙のミステリー。
堤幸彦監督が東野圭吾のベストセラー小説を篠原涼子と西島秀俊の共演で映画化。先の読めない展開、衝撃のクライマックスを経て明かされる秘めた想いに心が揺さぶられる。

2人の子を持つ播磨薫子とIT機器メーカーを経営する夫・和昌。すでに別居状態の夫婦は、娘の小学校受験が終わったら、離婚することになっていた。そんなある日、娘の瑞穂がプールで溺れ、意識不明になったという悲報が届き、2人は究極の選択を迫られる。

U-NEXTより

播磨薫子:篠原涼子
播磨和昌:西島秀俊
星野祐也:坂口健太郎
川嶋真緒:川栄李奈
美晴:山口紗弥加
進藤:田中哲司
斉木しげる・大倉孝二・駿河太郎・ミスターちん

「人魚の眠る家」配信状況

「人魚の眠る家」の配信状況を調べてみました!

配信状況
U-NEXT
Hulu×
Paravi×
FOD PREMIUM
ABEMA×
dTV
TSUTAYA TV/DISCAS

※本ページは2021年7月時点の情報になります。
最新の配信状況は各サイトでご確認ください!

おすすめはU-NEXT!

U-NEXTは月額2,189円(税込)で、最新映画から海外ドラマ、韓流ドラマ、アニメ、国内ドラマ、NHK作品も視聴できる動画配信サービスです!

★見放題作品数国内NO.1!
★雑誌70誌以上が読み放題
★毎月1,200円分のポイント付与
※ポイントはレンタル作品に利用可能
初回登録31日間無料&600円分のポイントプレゼント

詳しい登録方法はこちらから

⇩ ⇩ ⇩

感想(ネタバレ含む)

人間が【生きている】という定義を考えさせられる映画。
機械に繋がれていて、言葉を発することは出来ないが、心臓だけが動いていていわゆる脳死の状態。
確かに生命体としては、触れれば温かいし存在しているがそれは生きているのか。死んでいるのか。
日常生活を送る上であまり考える事のないテーマの作品。
そのような状態の人がいたときに、生きていると定義する人と死んでいると定義する人と
心情や行動が上手く表現されていて、どっちの意見も賛同出来るところもあるし、
賛同できないところもあったり、命って難しいし、日常生活を送る上であまり考える事のないテーマの作品。
でもいきなり身近な人が命が無くなってしまうかもという状況に陥る可能性は、
交通事故とか水害とか地震などが発生したら、意外と身近にある事で、
その人が自分から見て、親なのか、子供なのか、親戚の子なのか、
はたまた全くの他人なのかでこうも意見が変わるのかという所もみどころ。
その人の立場になって考えながら見れるのですごく考えさせられる。

母親の子供に対する愛情は本当に深いと考えさせられる映画だったと思います。
不慮の事故で、脳死状態になった娘の死を受け入れられない気持ちはわかりますが、数々の治療方を試すのも理解できますが、電気を使って無理やり動かすというのは驚きました。
一瞬生きていると思わせるぐらいの、動きで狂気にもにた子供への愛情に恐ろしいと思いました。
母親の気持ちはわかりますが、家族の気持ちを考えるといたたまれなくなったのも事実でした。
大人の父親ならまだしも、兄弟からすればよく耐えれたなと愛情が逆に家族を壊す結果になったのではないかと思ってしまいました。
そして、最後は諦めて娘を送り出すのですが、愛情というのは時には恐怖や狂気になると感じました。
この映画を見て自分の子供がもしそうなったら、どうしただろうと割り切れるものなのか、同じぐらいの努力をするのかと子供を持った親は一度見るべき映画と思いました。
タイトル通り、人魚となり眠ってしまった作品ですが、考えさせられる映画だったと思いました。

脳死という状態を家族、特にお腹をいためて産んだ母親の立場からみた葛藤を見事に描いた作品でした。母親がとった行動に対して、作品中でも賛否が分かれていましたが、脳が死んでて体を動かせなくても、心臓などは機能しているわけですし、素直に死を認められない母親の気持ちに率直に共感を覚えました。車椅子にのせ、可愛い服を着せ、特殊な電気信号を送って手足を少し動かせる状態の娘に愛情を注ぎ、語りかける母親のシーンは感動しました。同時に人工シグナルによる補助動作の将来的な発展の可能性に期待をもった次第です。脳死患者を持つ家族にとって明るい展望が開いてくるのではと感じました。他方、そんなままごとのような行為は気持ち悪いとか、人間的でないとか、行き過ぎであるという意見も作品の中では出ましたが、残された家族が選択する問題であって、外野が関与するべきものではありません。満足するまで、納得するまで脳死状態の娘と向き合ったうえで、心臓移植提供の判断まで至ったプロセスが緻密に描かれていてさすがでした。

「人魚の眠る家」は、母親の目線で見てみるとなんとも言えない悲しい現実の中で一生懸命に生きている気持ちがよく分かりました。最愛の娘が不慮の事故で脳死になってしまい、母親はどうにかして彼女を生きさせるために様々な工夫をしていきますが周りにはなかなか理解してもらえず一人で頑張っていましたが、母親なら誰しも同じようなことを考えてしまうと思いました。今朝まで元気にいた子が脳死だなんて受け止められるはずがありませんし、最新の技術で何か方法があるなら試してみるのは当然のことだと思います。見どころは篠原涼子さん演じる母親の言動です。夫や息子に反対されても自分の意志を貫く姿は母親らしくてとてもかっこよかったです。娘役の稲垣来泉ちゃんの演技が素晴らしくて魅了されてしまいました。弟が今まで我慢していた本当の気持ちを伝えるシーンは見ていて涙が止まりませんでした。親子の絆と家族愛が感じられる素晴らしい映画だと思います。

この作品は小説で読んでとても印象に残っていたので、映像化されると知り必ず観ようと決めていました。とにかく考えさせられる作品です。自分にも突然起きるかも知れない、大切な人がそうなる時がくるかもしれない。誰にしも起こり得ることだがテーマだと思います。映画の中ではその両親の大切な子どもに事件が起きます。私は母親ではありませんが、いずれ母親になったと考えてみましたがとても耐えれません。本当に胸が張り裂けそうな気持ちになりました。どの登場人物の気持ちもそれぞれ理解できますし、母親の行動も側から見たら怖く感じるかもしれませんがその気持ちもわかります。いざその時私自身はどう判断するのだろうかと考えました。何が正解かは考えてもわかりませんし答えはでませんが、私は作品が終わった後いろんな感情が押し寄せてきて涙が止まりませんでした。まだこの作品を観ていない方にはぜひ一緒にこの事を考えて欲しいと思います。大切な人のこと、自分を大切に想ってくれている人をもっと大事にしていきたいです。

人に死とはなんなのか?ということをリアルに考えさせられる非常に有意義な映画だったと思います。
この映画を見るまで、私は人の死は意識がなくなって動かなくなった時だと思っていました。
いわゆる植物状態ですね。
例え心臓が動いていたとしても自分の意思で体を動かすことができず感情を表現できなくなくなったのら、それは人としての死ではないか、と。
でも「今からこの子を刺して心臓を止めたら私は罪に問われますか?」という母の質問と、その質問に対する私の答えはこれまでの考えを根底から覆すものでした。
「当然、それは殺人でしょう」と思った私は、植物状態の人は当然まだ生きていると思っていたのだと気がついたのです。
植物状態が人間としての死であるなら、植物状態になっている人の心臓を止めたとしてもそれは殺人ではありませんよね。
この矛盾に対する答えをまだ見出すことができていません。
きっとこれからもずっとこの問いに答えは出せないのでしょう。

まとめ

『人魚の眠る家』はU-NEXTで配信中です!
初めて登録する方は、31日間無料!
無料期間のみ楽しみたい方は、31日間以内に解約してもらうだけでOKです!
ぜひ無料期間を利用して「人魚の眠る家」を視聴しちゃいましょう!!

\「人魚の眠る家」はU-NEXTで配信中!/

※本ページは2021年7月時点の情報になります。
最新の配信状況はU-NEXTへ!

タイトルとURLをコピーしました