嘘を愛する女/無料配信動画やレンタル・見逃しをフル視聴する方法!感想まとめ【映画】

映画『嘘を愛する女』を無料でフル視聴できるおすすめの動画配信サービスをご紹介します!

見逃してしまった方もう1度見たい方に必見です!

「嘘を愛する女」予告

「嘘を愛する女」は
U-NEXTなどで配信中!/

※初回登録31日間無料
※無料期間内の解約OK!

「嘘を愛する女」とは?

2018年公開映画『嘘を愛する女』は、1991年に朝日新聞に掲載された事件を基にした作品で、恋人の大きな嘘に翻弄されるキャリアウーマンの運命を描いたラブサスペンス。
主演は長澤まさみ・高橋一生。

その姿は世の女性が憧れる理想像。食品メーカーに勤め、業界の第一線を走るキャリアウーマン・川原由加利(長澤まさみ)は、研究医で面倒見の良い恋人・小出桔平(高橋一生)と同棲5年目を迎えていた。ある日、由加利が自宅で桔平の遅い帰りを待っていると、突然警察官が訪ねてくる。

「一体、彼は誰ですか?」

くも膜下出血で倒れ意識を失ったところを発見された桔平。なんと、彼の所持していた運転免許証、医師免許証は、すべて偽造されたもので、職業はおろか名前すらも「嘘」という事実が判明したのだった。
騙され続けていたことへのショックと、「彼が何者なのか」という疑問をぬぐえない由加利は、意を決して、私立探偵・海原匠(吉田鋼太郎)と助手のキム(DAIGO)を頼ることに。調査中、桔平のことを“先生”と呼ぶ謎の女子大生・心葉(川栄李奈)が現れ、桔平と過ごした時間、そして自分の生活にさえ疑心暗鬼になる由加利――。
やがて、桔平が書き溜めていた700ページにも及ぶ書きかけの小説が見つかる。そこには誰かの故郷を思わせるいくつかのヒントと、幸せな家族の姿が書かれていたのだった。海原の力を借りて、それが瀬戸内海のどこかであることを知った由加利は、桔平の秘密を追う事に……。
なぜ桔平は全てを偽り、由加利を騙さなければならなかったのか?
そして、彼女はいまだ病院で眠り続ける「名もなき男」の正体に、辿り着くことができるのか――。

川原由加利:長澤まさみ

小出桔平:高橋一生

海原匠:吉田鋼太郎

木村:DAIGO

心葉:川栄李奈

マサコ:黒木瞳

綾子:野波麻帆

「嘘を愛する女」配信状況

「嘘を愛する女」の配信状況を調べてみました!

配信状況無料期間
U-NEXT
31日間
FOD PREMIUM
2週間
Hulu
2週間
ABEMA
×2週間
TSUTAYA TV/DISCAS
30日間
Paravi
×2週間
Amazonプライム
30日間

※本ページは2021年8月時点の情報になります。
最新の配信状況は各サイトでご確認ください!

U-NEXTとは?

U-NEXTは月額2,189円(税込)で、最新映画から海外ドラマ、韓流ドラマ、アニメ、国内ドラマ、NHK作品も視聴できる動画配信サービスです!

★見放題作品数国内NO.1!
★雑誌70誌以上が読み放題
★毎月1,200円分のポイント付与
※ポイントはレンタル作品や電子書籍に利用可能
初回登録31日間無料&600円分のポイントプレゼント

詳しい登録方法はこちらから

⇩ ⇩ ⇩

感想

5年も一緒に暮らしていた恋人が倒れて初めて恋人の素性が自分が聞かされていたものと違うことを知り、彼が本当は何者なのかを知ろうと彼の過去をさぐっていくとういストーリーなので、途中までかなりミステリー要素が強い作品だと思って見ていました。しかし、最後まで見て思ったのはミステリーでもありますがラブストーリーの要素の方が強いということです。長澤まさみさん演じる主人公の由加利は仕事人間で打算的で、高橋一生さん演じる桔平のことも彼がそれなりにイケメンで将来的に医師となるため高収入とステータスが得られそうという考えのもと一緒にいるような状態で、彼と暮らしながらも更なる出会いを求めて合コンに行くような女性でした。そんな大切な何かを見落として日々を過ごしていた由加利でしたが、彼の過去を辿る旅をしていく中で徐々に変化していったように見えました。ひたすら探し続けて桔平の過去に辿りつき、最後に見つけたのは結局、彼がどこの誰で過去に何をしていたかということよりも、ただ彼を愛しているという自分自身の思いだったように感じました。打算的だった由加利がそういった感情を全て抜きにして、彼の優しさや愛を感じ自分の想いと向き合うようになります。その変わっていく由加利の様子を長澤まさみさんは見事に表現していたと思います。

衝撃的なストーリーでした。もし、自分が主人公の立場だったら、と考えると、辛くてそんなに頑張れないかと思います。この映画では、一緒に5年も寄り添った人が、公園で倒れてしまい、入院したことから、実は名前も実名と異なり、何者かわからないという事実を知ります。主人公が、その人が書いた原稿を元に、探偵と一緒に相手の過去や事実を探していきます。最初は怒り狂って、大事にしていたフィギュアを踏みつけて、自分が足を痛めるシーンなどはとても自然な演技で好感が持てました。捜索をしていく途中で、色々困難もあり、これまでやってきたことが無駄だったのかと思わされることもありました。挫折を味わいながらも、真実が知りたくて行動する主人公と自分の気持ちがリンクしているのを感じ、私も一緒になって真実が知りたくなって、ワクワクドキドキしながら映画を見ました。そのくらい、のめりこませてくれ、惹きつけてくれる映画です。主人公は、会社でも、ウーマン・オブ・ザ・イヤーに選ばれるほど一生懸命に仕事をしている努力家です。自分にも人にも厳しく、色々できるのに不器用な面があったり、なかなか人に謝ることができない性格に、とても共感しました。演技・ストーリーともに、とてもステキな作品でした。

まず、このストーリーは実話の事件を小説にしていることを知り驚きました。そして、川原由加利というキャリアウーマンを演じた、長澤まさみさんの演技に圧倒されました。特に、川原由加利が、小出桔平がついていた嘘の数々にどんどん気づいていくときの、長澤まさみさんの何とも言えない美しいくもあり、歪んだような表情が印象的です。研究医の小出桔平を演じた、高橋一生さんの演技もナチュラルで、リアリティーのある見ごたえのあるものでした。小出桔平がついた嘘がこんなにも、深い意味のあるかつ、辛い事情があったなんて想像もしていませんでした。自分を守るための嘘、誰もが1度はついたことがあるのではないでしょうか。だからこそ、この嘘をついた理由に、私はこんなにも感動し、小出桔平を慰めたくなったのかと感じています。しかし、嘘をつくことで傷ついている人や、苦労している人がいることを、決して忘れてはいけないと思い出させてくれました。そして、ラストをむかえるにあたって、誰をどう愛するべきなのか、犯してしまった過ちはどうするべきなのか、私たち人間がこれから生きていくうえで大切なことはなんなのかを考え、見直すきっかけを与えてくれます。

キャストの豪華さに、かなり期待はしてましたが、ストーリーがシンプル過ぎたのが少し残念だったのですが、変にドロドロとした恋愛系ではなく、意識不明になってしまった彼氏の過去が偽りで、それを純粋に調べるという、見やすい内容でした。 まず、長澤まさみさんについては、普段コミカルな演技が多いものの、今回については、シビアな感じと必死さが凄く伝わってきて、一味違った引き出しを見ることができました。吉田鋼太郎さんは、流石としか言いようが無いですが、段違いの演技力を発揮していて、作品自体を左右するくらいに、ど真ん中の役回りになっており、なんとなく暗くなりそうな内容ではあるものの、少し明るい感じにさせてくれていたり、ストーリーを円滑に進めるという役割を担っていて、もしかしたら見やすくなっている要因になっているのかもしれません。川栄李奈さんは、影響力は少ないものの、重くなりそうな空気をうまく和ませてくれている感があり、脇役としては有りだと感じます。高橋 一生さんは、影のある演出は、言うまでもなくピカイチでしょう。最終的に見た感想としては、見どころと重なりますかが、最後の場面になり、人同士の繋がりだったり、愛情を考えさせられる作品でした。

視聴を開始したところで、2011年の3月11日と出て、なかなか人が弱っている時に出会ったんだな、と感じるとことから始まり、一気に引き込まれました。
高橋一生さんの眼鏡姿も素敵でしたし、長澤まさみさんとの絡みも面白かったです。こんな可愛らしいカップル、なかなかいないよなぁと感じました。
脇を固める俳優陣もかなり有名どころばかりでしたが、流石にゴスロリを着込んだ川栄李奈さんを見た時は吹き出しました。可愛らしいですし、とてもお似合いでしたが、今まで見た感じとは違う役柄で驚きました。
やはり川栄さんは地味に演技が上手いんだな、と感じるシーンでした。他にもDAIGOさんも出演していましたが、初め誰だか分からず一瞬困惑しました。
そのくらい役に浸かっているし、なかなかに存在感もあるのが凄いなぁと感じました。
ところどころで過去の高橋さんとの会話を思い出す主人公の回想シーンはなかなかに胸に突き刺さる物がありました。自分だけが知っている彼と、本当の部分を知らない彼の存在、どういった気持ちで居たら良いんだろうと感情移入してしまいました。
切ない演技や表情がとても上手な長澤まさみさんだからこそ、ハマり役なんだろうなぁと感じる映画でした。

悲しい・・・とても悲しいけれど、愛に溢れた映画でした。見終わった後、心が満たされるというか、温かくなった気がします。
登場人物は皆それぞれ悪人ではないです。でも、聖人君子でもない。大抵の人間はそうなのではないでしょうか。
ちょっとズルしちゃったり、相手の気持ちを思いやることを忘れていたり。それでも、大抵はいつも通り日常は過ぎていく。でも、まれにその日常が崩れる場合がある。
日常がなくなった時、初めて、本当に大切だったものが見えてくるのでしょうね。
桔平の過去を知ると、偽りの中でしか生きてこれなかった気持ちがわかる気がしました。桔平にとって、由加利は生きていく一筋の光だったことでしょう。
繰り返し映画を観てみたら、高橋一生さんの演技の深さがわかりました。些細な仕草とか言葉の裏に、桔平の過去が感じられるのは演技の技でしょうね。
由加利を演じた、長澤まさみさんもハマり役でした。
今まで信じていたものがすべて嘘だとわかった時に、自分は彼女のように行動できるだろうか?
信じたい気持ちも、もちろんある。でも、あきらかに騙されていたことはいた。ものすごく腹は立つ。でも、真実が知りたい。揺れ動く心のまま、行動する強さ。情の深さ。なんとなく長澤さん本人ともだぶって見えました。
大人の映画でした。

まとめ

『嘘を愛する女』はU-NEXTなどで配信中です!
U-NEXTに初めて登録する方は、31日間無料&600円分のポイントプレゼント!
無料期間のみ楽しみたい方は、31日間以内に解約してもらうだけでOKです!
ぜひ無料期間を利用して視聴しちゃいましょう!!

「嘘を愛する女」は
U-NEXTなどで配信中!/

※本ページは2021年8月時点の情報になります。
最新の配信状況は各サイトでご確認ください!

タイトルとURLをコピーしました