アイテム~運命に導かれし2人~無料動画配信や見逃しを1話から全話フル視聴する方法・感想まとめ【韓国ドラマ】

『アイテム~運命に導かれし2人~』を無料でフル視聴できるおすすめの動画配信サービスをご紹介します!

見逃してしまった方もう1度見たい方に必見です!

\「アイテム~運命に導かれし2人~」はU-NEXTで配信中!/

※初回登録31日間無料
※無料期間内の解約OK!

「アイテム~運命に導かれし2人~」とは?

この作品の主演を務めているチュ・ジフンは、地上波ドラマでは4年ぶりに主演を務めたようです。
また共演者のチンセヨンとは7年ぶりの共演だったようで、韓国では放送前から話題になっていました。
もしあなたが特殊能力を持ったとしたら、どんなことにその能力を生かしますか?
そんなことを考えながらぜひご覧ください!

チュ・ジフン&チン・セヨン主演!5分で 「アイテム~運命に導かれし2人~」まるわかり登場人物!

正義感あふれる敏腕検事・ゴンと姪のダインは、同じマンションに住む優秀なプロファイラー・ソヨンと出会う。そんななか、常識では理解できない殺人事件が続発。ゴンとソヨンは協力して捜査を進めるうちに、特別な力を持つ“アイテム”の存在を知る。

エピソード1
3年ぶりのソウル帰任を控えた検事カン・ゴン。彼は、謎のブレスレットによる超能力で暴走列車を停止させると いう不思議な夢を見て目を覚ます。その日、ゴンによって収監されていたファウォングループ会長チョ・セファン も出所する。そんな中、ゴンは常人離れした怪力を持つ男と出会う。男の腕には夢で見たブレスレットが光って いた・・・。

エピソード2
ゴンの姪カン・ダインは海岸で、岩の上に落ちていたブレスレットを拾う。一方、自分の大事なコレクションから ブレスレットが消えたことに憤慨するセファンは、部下に激しく当たるが・・・。ゴンは、かつて自分が検事に なった記念すべき日に事故に遭った兄について思いを巡らす。兄は、最期にダインのことをゴンに託して亡くなっ たのだった。

エピソード3
引っ越し当日、自分の夢に出てきた女性を見かけたゴン。彼は落下物から彼女をかばって事故を阻止した後、思 わず、夢の中で死ぬ姿を見たと告げてしまう。そこにソウル中央地検でゴンと働くシン・グチョルが姿を現す。彼 女はグチョルの娘シン・ソヨンだった。ゴンの復帰の日、セファンは復帰祝いと称しながら挑発的な言葉でゴン を煽るが・・・。

エピソード4
マンションの屋上で鍵盤ハーモニカを吹いていたダインに話しかけたソヨン。言葉を発せないダインに、自分も母 を亡くしたときは悲しみで言葉を失ったと慰める。折しもゴンとソヨンは連続殺人事件の捜査に当たることに。 同僚たちから自分の推理を批判されるソヨン。一方で事件に超常現象の匂いを嗅ぎ取ったゴンは、怪力の持ち主 コ・デスを捜し・・・。

エピソード5
いつものようにダインを学校に送り、出勤したゴン。映像分析室での監視カメラ映像や被害者の遺体写真から奇妙 な痕跡に気づく。その頃ソヨンは敬愛する神父ク・ドンヨンを訪ね、互いに共通する心の傷について思いを巡ら していた。そんな中、セファンのアイテムの1つ、未来が見える“インスタントカメラ”が作動。デスがブレスレッ トを取り返そうとしていた。

エピソード6
デスを追ってきたゴンは、彼が何者かによって、レーザー光線を発する得体の知れない力で吊り上げられるのを目 撃。止めようとしたゴン自身も同じ目に遭ってしまう。ソヨンとグチョルが急行したおかげでゴンは救助される も、デスは意識不明に。翌日、セファンはデスにあるアイテムを使って恐るべき行動を起こし、さらにダインに襲 いかかる・・・。

エピソード7
ゴンは、植物状態に陥ったダインとデスの手首にタトゥーらしきものが入っていることに気づく。ゴンはソヨン と一緒にデスの自宅を調べ、タトゥーの模様が16年前の放火事件で多くの犠牲者が出た遊園地の入場スタンプと 同じであることに思い当たる。ソヨンは連続殺人事件、ダインとデスの事件が何かの因縁で繋がっているのではと 分析するが・・・。

エピソード8
突然ダインがVIP室に移され、驚くゴン。セファンからの指示で動いた検事ハン・ユナは、ゴンに知り合いの院長 の厚意だと嘘をつく。その夜、ゴンは弁護士殺害を予言する謎の電話を受け、指定された駅へと急行。トンネル の中で瀕死の男を発見するも、間もなく死亡する。ゴンは信じがたい事件が起きていると考え、ダインの部屋を 調べるが・・・。

エピソード9
ダインが襲われた原因は、彼女がブレスレットを手に入れたことにあると察したゴン。彼はブレスレットをはめ て、ソヨンの前で人間離れした怪力を披露する。やがてデスの監視カメラ映像を検証したソヨンの報告から、ゴンはパン・ハクチェという囚人の存在を突き止める。刑務所でハクチェと面会したゴンは、アイテムに関する新 たな情報を聞き出し・・・。

エピソード10
ゴンは、ハクチェから言われた手がかりを求めて廃棄物処理場へと急行する。現地でグチョルと合流した彼は、 トラックのタイヤ痕に注目。一方、トンネル内のソ弁護士殺害事件に関してゴンに疑いの目が向けられていた。 夜、廃棄物処理場に潜んでいたグチョルは何者かに襲われる。現場に急いだゴンはブレスレットを使って敵に立ち 向かうが・・・。

エピソード11
電話の男が予言した通り、デスが死亡。これを知ったグチョルは人間を植物状態や死に追いやるアイテム“アルバ ム”の秘密についてゴンとソヨンに告げ、かつて自身がその所有者だったと告白。ダインの命を守るため、ゴンは アルバムの現在の行方を捜す。そんな中、ダインを襲った犯人がセファンであると確信したゴンは、報道陣の前で 殴りかかり・・・。

エピソード12
ソヨンから渡されたメモでユナが自分を内偵中であることを知ったゴン。ユナはゴンに対して、殺されたのはゴン を左遷した人物ばかりであると主張する。そんな中、セファンの秘書ユ・チョルチョが警察に現れる。ゴンにだ けわかるメッセージを口にして去った彼を追跡するゴン。だが、その目の前で信じられないことが起こり、ダイン の身にも危険が・・・。

エピソード13
ダインを亡くし、セファンの秘書ユ・チョルチョを殺害したという濡れ衣まで着せられたゴン。ユナと刑事が病院 に押しかけてくるが、グチョルの懇願によりゴンの逮捕はダインの葬儀が終わるまで延期となる。ユ室長は誰かに 操られて死んだと言うゴンの言葉を受け、ソヨンは犯人がゲームを楽しんでいるのではないかと分析するが・・・。

エピソード14
悲しみの中、ダインの葬式が執り行われる。病室で発見されたダインの写真を見ていたゴンは、彼女の姿が少しず つ消えていることに気づく。それは何を意味しているのか、ゴンの不安は募るばかりだった。一方、ユ室長殺害 事件の目撃者を保護したソヨンだったが、セファンの妨害に遭ってしまう。追いつめられたゴンを待っていたの は・・・。

エピソード15
異次元からゴンを呼び、鍵盤ハーモニカを吹くダイン。ゴンはダインの遺品がひとりでにメロディを奏でる様子を 見て、彼女が生きていると確信。“願い部屋”に行けばダインを取り戻せるはずだと考える。折しも葬儀場で次長検 事イ・ハンギルが殺害され、ゴンは屋上まで犯人を追うが・・・。一方、ソヨンは殺された人々の死因に不審な 点を見いだす。

エピソード16
ソヨンはセファンが収監中には謎の殺人事件が発生していないことに気づき、それをゴンと父に伝える。ゴンか ら聞いた、ダインの鍵盤ハーモニカがひとりでに鳴ったという話も彼女は信じることができた。事件の手がかりを 求めてソヨンはハクチェと面会するが、彼は彼女にある条件を示す。そんな中、ダインの葬儀が終わり、ゴンの逮 捕が迫る・・・。

エピソード17
セファンが乗るトラックに追突され、ブレスレットを奪われたゴン。瀕死の重傷を負って意識を失うが、何者かが現れ、ゴンの手に「スタンプ」を押して立ち去った。ゴンは、意識を取り戻すと再び逃避行を続ける。

エピソード18
警官の発砲で負傷したゴンはドンヨンに助けられ、教会に身を隠す。ゴンがドンヨンに殺人を繰り返す理由を問い詰めると、彼は意外な事実を語りだす。そこでゴンは、16年前のドリームワールド火災事件の真相を知る。

エピソード19
セファンのもとを訪れたソヨンは、インスタントカメラから出てきた写真を見て、連続殺人事件の真犯人がドンヨンだったと知る。だが、新たな殺人を防ぐため奔走するソヨンに、捜査チームは戸惑ってしまう。

エピソード20
ヨハンとドンヨンの驚がくの関係を目撃し、衝撃を受けるゴンとソヨン。そこにユナが現れ、ソヨンにある情報を伝える。ゴンとソヨンは、連続殺人事件がドリームワールド火災事件とつながりがあることに気づいていた。

エピソード21
ゴンとソヨン、グチョルは移送中のハクチェを脱走させ、ドンヨンの教会へ向かう。ドンヨンは、ドリームワールド火災事件の犯人がセファンであり、真実を隠蔽した者たちを自ら殺害したことをソヨンに明かした。

エピソード22
ダインは鍵盤ハーモニカを吹いて異次元からメッセージを送り、ゴンとソヨンはダインへの想いを強くする。そんななか、ハクチェはソヨンと共に自身が所持するアイテムを回収しにいくが、セファンの部下に襲われる。

エピソード23
ゴンはふたつのアイテムによってセファンが消えるのを目撃。スンモクはグチョルを助けてゴンと合流する。教会を離れた彼らは、スンモクが提供する隠れ家に移動。一方、セファンは異次元でピエロ姿の父と対面する。

エピソード24
セファンからゴンの兄の死の真相を知らされたユナは動揺する。ゴンは隠れ家でソヨンら仲間たちと集合。ハクチェがセファンから奪ったインスタントカメラとアルバムを検証。12個のアイテムが存在するはずだが…。

エピソード25
ゴンは列車事故が発生するという警告メッセージをダインから受け取り、さらにセファンが異次元に来たことも知らされ、ショックを受ける。そんななか、インスタントカメラがある大惨事を写し出す。

エピソード26
異次元でダインと再会したグチョルは、彼女を守ろうと力を尽くす。ゴンとソヨンは鍵盤ハーモニカのメッセージで2人が一緒にいることを知りひと安心。やがて、ソヨンは列車事故を知らせようと警察に出頭する。

エピソード27
ゴンを追い詰めようと、セファンは彼の仲間を次々と襲撃。ドンヨンは拉致されたソヨンの救出に向かうのだが、ヨハンに変身したセファンによって命を奪われる。ハクチェとスンモクも銃撃したセファン一味は…。

エピソード28
セファンとの決戦に臨むべく、ゴンは所持アイテムを全て持ってセファンのもとへ向かう。また、携帯電話の特別なパワーを駆使して時間を止めると、アイテムを全部取り返して逃走。惨劇を食い止めようとする。

エピソード29
転覆した列車のドアを開け、乗客を助け出すゴンはセウンを見つけるが、その首には時限爆弾が巻かれていた。ソヨンはゴンとセウンを救出。気絶したゴンは、夢の中で火災当日のドリームワールドの様子を目にしていた。

エピソード30
ダインを助けるために、グチョルは犠牲となった。現実世界で彼の体が消えるのを目撃したソヨンは、強い悲しみに襲われる。一方、セファンは自分に拘束令状が発行されたことを知り、腹心の部下や刑事たちを銃撃する。

エピソード31
ドリームワールドでダインと再会を果たしたゴンだったが、ダインの姿は消えていき、ゴンだけが異次元に残される。ダインは現実世界に戻ると、遊園地内で迷子として保護される。ソヨンはダインとの再会を果たす。

エピソード32
セファンの罪を問う裁判で、ユナによって死刑が求刑された。その席でセファンは自分勝手な釈明を述べ、ソヨンらは不安に陥る。また、面会に訪れたソヨンに対して彼は、自分が保釈されるという自信をのぞかせる。

チュ・ジフン
チン・セヨン
キム・ガンウ

「アイテム~運命に導かれし2人~」配信状況

「アイテム~運命に導かれし2人~」の配信状況を調べてみました!

配信状況無料期間
U-NEXT31日間
Hulu×2週間
FOD PREMIUM×2週間
ABEMA×2週間
TSUTAYA TV/DISCAS×30日間

※本ページは2021年7月時点の情報になります。
最新の配信状況は各サイトでご確認ください!

U-NEXTとは?

U-NEXTは月額2,189円(税込)で、最新映画から海外ドラマ、韓流ドラマ、アニメ、国内ドラマ、NHK作品も視聴できる動画配信サービスです!

★見放題作品数国内NO.1!
★雑誌70誌以上が読み放題
★毎月1,200円分のポイント付与
※ポイントはレンタル作品に利用可能
初回登録31日間無料&600円分のポイントプレゼント

詳しい登録方法はこちらから

⇩ ⇩ ⇩

感想

「アイテム~運命に導かれし2人~」を観て、「夢のような特殊能力」と「ゴンとソヨンは幸せになれるのか」が特に魅力的だと思いました。
まず、夢のような特殊能力についてです。このドラマでは、超人的な力が手に入るブレスレットによって起こる出来事の数々が描かれます。検事のゴンは、従来の事件とは異なる特別な力が関わっていると思われる事件に遭遇し、解決のために動き出していきます。それから、ブレスレットの存在に気づき、自身もブレスレットをつけて怪力など超人的な力を得ていきます。何でも思い通りになってしまうSFのような特殊能力に、ワクワクしながら観ていました。
次に、ゴンとソヨンは幸せになれるのかについてです。特殊能力を悪用した事件が幾つも発生するようになり、ゴンはプロファイリングに長けているソヨンと協力して事件に立ち向かっていきます。さらに、ゴンとソヨンはともに行動する中で、徐々にお互いを意識し始めますが、命の危険にさらされていき、思うように交流することができなくなっていきます。2人は、数々の危機を乗り越えて無事にお互いの命を守り抜き、恋愛を実らせることができるのか、ドキドキしながら祈るような気持ちで観ていました。

まとめ

『アイテム~運命に導かれし2人~』はU-NEXTで配信中です!
初めて登録する方は、31日間無料&600円分のポイントプレゼント
無料期間のみ楽しみたい方は、31日間以内に解約してもらうだけでOKです!
ぜひ無料期間を利用して視聴しちゃいましょう!!

\「アイテム~運命に導かれし2人~」はU-NEXTで配信中!/

※本ページは2021年7月時点の情報になります。
最新の配信状況はU-NEXTへ!

タイトルとURLをコピーしました