蜘蛛ですが、なにか?(アニメ)見逃し無料動画配信を1話から全話フル視聴する方法・感想まとめ

アニメ『蜘蛛ですが、なにか?』を無料でフル視聴できるおすすめの動画配信サービスをご紹介します!

見逃してしまった方もう1度見たい方に必見です!

「蜘蛛ですが、なにか?」は
U-NEXTなどで配信中!/

※初回登録31日間無料
※無料期間内の解約OK!

「蜘蛛ですが、なにか?」とは?

2021年放送アニメ「蜘蛛ですが、なにか?」。
小説投稿サイト「小説家になろう」で連載されたライトノベルを原作にアニメ化!
蜘蛛の魔物に転生した女子の迷宮サバイバルファンタジー!

TVアニメ「蜘蛛ですが、なにか?」PV第1弾 2021年1月8日より連続2クール放送開始!

女子高校生だったはずの主人公「私」は、
突然ファンタジー世界の蜘蛛の魔物に転生してしまう。 しかも、生まれ落ちたのは凶悪な魔物の跋扈するダンジョン。 人間としての知恵と、尋常でないポジティブさだけを武器に、
超格上の敵モンスター達を蜘蛛の巣や罠で倒して生き残っていく……。
種族底辺・メンタル最強女子の迷宮サバイバル開幕!

私・・・悠木碧
シュン・・・堀江瞬
カティア・・・東山奈央
ユーゴー・・・石川界人
スー・・・小倉唯
フェイ・・・喜多村英梨
フィリメス・・・奥野香耶
ユーリ・・・田中あいみ
ユリウス・・・榎木淳弥
ハイリンス・・・興津和幸
バルト・・・梅原裕一郎
魔王・・・上坂すみれ
ソフィア・・・竹達彩奈
天の声・・・井上喜久子


原作/馬場翁
『蜘蛛ですが、なにか?』(カドカワBOOKS刊)
原作イラスト/輝竜司

監督
板垣伸

助監督
上田慎一郎

シリーズ構成
馬場翁
百瀬祐一郎

音楽
片山修志

CGアニメーション制作
exsa(制作協力ENGI)

アニメーション制作
ミルパンセ

製作
蜘蛛ですが、なにか?製作委員会

「蜘蛛ですが、なにか?」配信状況

「蜘蛛ですが、なにか?」の配信状況を調べてみました!

配信状況無料期間サービスの特徴
dアニメストア
31日間アニメ好きにおすすめ!アニメ作品数No.1!
FOD PREMIUM
2週間フジテレビ系列の作品多数!
Hulu
2週間日本テレビ系列の作品多数!
U-NEXT
31日間全作品数国内No1!映画・アニメ多数配信!
ABEMA
2週間オリジナルエピソード数国内No.1!
TSUTAYA TV/DISCAS
×30日間動画配信&宅配レンタルを同時に楽しめる!
Paravi
×2週間TBS・テレビ東京系列の作品多数!
Amazonプライム
30日間オリジナル作品あり!会員にお得なサービスも!

上記の動画サイトで配信しています!
ご自身の合った動画配信サービスでご覧ください!(*^^*)

※本ページは2021年7月時点の情報になります。
最新の配信状況は各サイトへ!

U-NEXTとは?

U-NEXTは月額2,189円(税込)で、最新映画から海外ドラマ、韓流ドラマ、アニメ、国内ドラマ、NHK作品も視聴できる動画配信サービスです!

★見放題作品数国内NO.1!
★雑誌70誌以上が読み放題
★毎月1,200円分のポイント付与
※ポイントはレンタル作品や電子書籍に利用可能
初回登録31日間無料&600円分のポイントプレゼント

詳しい登録方法はこちらから

⇩ ⇩ ⇩

各話あらすじ

目を覚ますと蜘蛛に転生していた「私」。 生まれてすぐ同種の共食いに巻き込まれ、さらには母蜘蛛にまで命を狙われるって無理ゲーすぎる! メンタル最強女子高生(?)の異世界サバイバル開幕!

拠点となるマイホームを作り、魔物を倒してレベルアップを重ねる「私」。 食料がまずいことを除けば、それなりに満足できる生活を送っていた。 しかし、人間が現れたことで状況は一変。 マイホームに火が放たれ……。

上位種に進化した「私」は新スキルの習得やステータス向上により強くなった。 向かうところ敵なしとばかりに迷宮を突き進んでいくが、
勢い余って凶悪な魔物がうろつく下層に落ちてしまい、
さらなるピンチに見舞われる。

地龍の脅威から逃れた「私」は、逃げ出したことをちょっぴり悔やみながらも、
前を向いて進んでいく。 しかし、ここエルロー大迷宮は魔物同士がせめぎ合う弱肉強食の世界! 新たな脅威がすぐ側まで迫りつつあった。

新たな階層へたどり着いたものの、目の前に広がっていたのは灼熱地獄のマグマ地帯! スキルの要となる糸は燃えるし、マグマの中を泳ぐ魔物とはまともに戦えない。 「私」は先送りにしていた次の進化を試みる。

中層のマグマ地帯の探索を続け、新たな魔物に遭遇した「私」。 素早さ以外は勝るところがない、絶望的なほど格上の強敵だった! 「私」は新たに取得したスキルを駆使しながら、反撃の一手を探ろうとする。

〈忍耐の支配者〉の称号を手に入れた「私」は、邪眼系スキルが解放されたことに大喜び! さらにスキル〈鑑定〉のレベルがカンストし、不思議な現象が起こる。 一方、学園ではサバイバル実習が始まろうとしていた。

管理者の存在を感じ取り、震え上がる「私」。 でも、悩んでいたって仕方ない! 今まで通りを貫く「私」は、異常なステータスを受け入れ、魔法を習得しようとする。 すると、遠くから激しい戦闘音が聞こえてきて……。

尊敬する勇者、ユリウスが長旅から帰還した。 舞い上がるシュンだが、喜びも束の間、ユリウスはまもなく帝国へ向かうという。 魔族が不穏な動きを見せているというのだ。 大規模な戦闘になるおそれもあるというが……。

管理者Dがとんでもなくヤバい奴なのはわかった。 でも、今は考えても仕方ない! 「私」は上層を目指して前へ進む。たくさん食べて、マイホームを作る夢を見ながら。 一方、王国は魔族軍の猛攻によって窮地に陥っていた。

新たな進化を遂げたものの、なんだか不愉快な「私」。 それもそのはず、取得したスキルによって世界の真実を知ってしまったのだ。 世界のうねりに巻き込まれないため、「私」は自分の“トラウマ”に向き合おうとする。

自分の弱さを乗り越えるためにも、地龍アラバと決着をつけなければならない。 「私」は着々と準備を進め、持てる力すべてを駆使してトラウマに挑む。 ……しかし、最強の地龍はチートと呼べるほどの力を隠し持っていた!

念願だった外の世界! しかし、「私」に敵意を向ける人間や
因縁の相手からの妨害があり、門出は前途多難で……。 一方、シュンの周辺は魔族との次なる戦争を前に慌ただしさを増し、
大切な人たちの前にも脅威が迫っていた。

マザー対策を打って一人旅を続ける「私」は、道すがら盗賊たちに襲われる馬車を発見する。 人助けをする義理はなかったが、赤ん坊がいることを知り颯爽登場!
だが、その赤ん坊を鑑定すると、驚きの結果が出て……。

マザーとの精神の繋がりを利用し、「私」は並列意思を送り込み、マザーの精神を直接攻撃していた。 順調に成果を上げていくが、反撃してこないなんて何かおかしい! そこにはマザーの巧妙な罠が仕掛けられていた。

ザナ・ホロワに進化し、「私」はとんでもないチートスキルをゲット! だが喜びも束の間、あの管理者Dが再び接触してくるのだった。 しぶしぶ相手をする「私」は、転生の理由と世界の秘密の一端を知ることになり……。

かつてエルロー大迷宮には伝説として語られる魔物「迷宮の悪夢」が存在した。 そして悪夢が残した魔物が、今も迷宮には潜んでいるという。 悪夢の残滓を避け、最短コースを抜けようと急ぐシュンたちだったが……?

完全復活を遂げた「私」は、かつて命を救った赤ん坊・ソフィアの住む街に到着! 彼女は今も何者かに狙われている様子で……。 一方、シュンはエルロー大迷宮を抜け、女神を信仰するサリエーラ国に辿り着いていた。

ソフィアを守るだけでなく人助けをしたことで、気づけば「私」は人々から「ご神獣様」として崇められていた。 こそばゆいけれど、満更でもなくて……。 一方、シュンたちはエルフの里で懐かしい顔ぶれに再会する。

マザーを撃破し、アリエルから逃げるようにケレン領へ帰ってきた「私」。 そこへ招かれざる客が立て続けにやってくる。 一人は「私」の力を狙うオウツ国の使者。 もう一人は管理者のギュリエディストディエスだった。

エルフの里の結界は盤石、強力な仲間も加わった。 戦争に向けた準備が着々と進む中、シュンたちはフィリメスから転生者の秘密と管理者の存在を明かされる。 そして、この戦争が「仕組まれたもの」であることも……。

ついにオウツ国連合の進撃が始まった。 勝ち負けに興味はないけど、経験値を稼ぐために「私」も参戦! アリエルに勝つためには戦争を利用するしかない! だが、当のアリエルが戦場に現れてしまい……!?

光を纏いし剣と闇を纏いし剣――。 シュンとユーゴーの因縁の戦いに決着がついた瞬間、戦場にソフィアが現れる。 彼女の存在が意味するのは、魔族軍の介入。 そして、シュンはソフィアの異常な強さに驚愕する。

絶望的な状況に陥りながらも逆転の一手を模索する「私」。 追い詰められながらも剣を構え続けるシュン。 時代を超えた不屈の魂はどこへ辿り着くのか。 大きな転換を迎える世界の中で、すべてが繋がっていく――。

感想

最近はやりの異世界転生ものなのですが、まず主人公が蜘蛛のモンスターという設定に驚かされます。しかも転生前はいわゆるJKで、なんと前世の記憶もある。普通なら蜘蛛だと自覚した時点で死にたくなりますね。絶望して自殺しないまでも、モンスターとはいえ小さな蜘蛛ですから、早晩何かの餌にでもなってしまうのが普通です。しかし主人公は実にたくましい。多少グロくても捕食しては喰らい、かなり無理筋の相手でもぎりぎりの戦闘を繰り返しては脱皮し、成長します。その巧みな糸さばきは、同じく蜘蛛の某ヒーローとか、仕事人の三味線屋のように見事です。果たして主人公はどこまで成長し、どうなっていくのか、ハラハラドキドキの展開から目が離せません。同時進行で、主人公と同じクラスだった者たちも異世界に転生していて、彼らの様子も描かれています。こちらは蜘蛛ほどひどい転生にはなっておらず、よくある異世界ものの雰囲気です。いずれ主人公と彼らには接点が生まれるのだろうと思いますが、片方は蜘蛛ですからね。コミュニケーションがとれるとは思えないし、とれたとしてもいじめられてボッチだった主人公がどう判断するのか興味深いところです。とにかく稀に見る異色のアニメです。

『蜘蛛ですが、なにか?』を観て、「したたかに生きていく私」と「前世からの関係性」が特に魅力的だと思いました。
まず、したたかに生きていく私についてです。このドラマでは、ファンタジーの世界で生きることになった女子高生の私の様子が描かれます。前世ではゲームに夢中の日々を過ごしていた私は、ファンタジーの世界で最も弱いとされている蜘蛛に生まれ変わってしまいます。しかし、力が弱い分蜘蛛として持ち合わせている能力を最大限に活かして戦略で生き抜いていきます。様々な方法を駆使して粘り強く生き続ける私に、尊敬の気持ちを持って観ていました。
次に、前世からの関係性についてです。ファンタジーの世界には、私と同じように高校生から生まれ変わった人々が何人もいて、性別や持ち合わせている能力は異なっていても、お互いの正体にすぐに気づき友人としての関係性やライバルとしての関係性が続いていたり、ファンタジーの世界で自分の味方を増やそうと新たな関係を築いて行こうと動いていったりします。前世での人柄も透けて見える、前世から続く関係性を微笑ましく思うとともに、ファンタジーの世界ならではの関係性を加えていこうとする動きにワクワクしながら観ていました。

ただ1人だけが、または主人公だけが転生なのではなく、クラス単位で転生であり、主人公が蜘蛛に転生というこれまでには見たことのないストーリー設定が非常に珍しくて興味をそそられたため、見てみることにしました。実際に見始めてみると期待していた以上に予想のつかない展開が常に待っていて、飽きることなくずっと楽しませてくれるので大満足しています。はじめの方はどうしても主人公について、ストーリーについて、など分かりにくい部分がありましたが、見進めていくにつれてどんどん面白さが増していき、慣れてきたところでノベルゲーム的感覚で読めて面白かったです。ギリギリで戦っていくところを見ていると、ドキドキハラハラ緊迫感がすごかったです。自分の持っている能力を使いこなしていけば、それがかっこよく見えるのだなと感じました。これからは主人公がクラスメイトたちと対立してしまうなど、いろいろな問題が起きていきそうだなと想像しています。見終わるまで引き続き楽しみたいと思います。アニメ好きの人だけではなく、SF映画・ドラマ・小説好きの人にもぜひ見てみてほしいオススメ作品です。見た誰もが作品の魅力に魅せられてハマること間違いありません。

ラノベで多い、異世界転生ものだけど、ダンジョン内のクモってのが、ツボッた作品です。内容は大きく2つの話で構成されています。ひとつめは、クモに転生したくもこさんの奮闘ターンです。ふたつめは同級生たちの人間ターンなります。お話が急に切り替わるから、はじめてのときは飲み込めなかっし分かりにくかったです。私のおすすめはやりこみゲーム感覚のくもこさんターンをおすすめします。とにかく、くもこさんはまえのめりでガンガン成長(生き残り)しようとするのです。ただ、辛くて苦しいって投げやりになるんじゃなくて、楽しみや目標をつくって突き進むところが、好感が持てます。前世が学校に馴染めなくていじめられていた陰キャには全くみえません。もちろん、くもこさんはひとりぼっちだから、って部分もあるのでしょう。作画もリアルくもってよりもマスコットみたいな愛らしい姿をしています。小さくてスピードがあるから気に入っているとくもこさん本人はいっているのですが、やっぱりビジュアル的にちっこくて正解です。私としてはこれからもくもこさんののりっこみみたいな一人言をずっと聞いていたいです。人間ターンはわりと普通に勇者に憧れる展開なのでしょうか。情報自体は多くてなくすと物語が破綻しそうです。でも、くもこさんだけでも楽しいでしょう。

まさかの主人公が蜘蛛になって、ちょっと苦手意識がありました。
しかし、漫画から読み進めていくと、だんだんと蜘蛛の絵が可愛らしく思えてきます。
そして、主人公が人間であった陰キャ時代のことを考えると、蜘蛛になってよかったんだと思いました。
その理由として、主人公は蜘蛛になったことで、本来の明るい自分で生活できているからです。
また、主人公の女の子の声がカワイイです。
ただ、なんで蜘蛛なのかなーって疑問に思うことがあります。
なぜなら、脇役キャラはみんな、お姫様やお嬢様、もしくはドラゴンなどの上流種族(?)で主人公(蜘蛛)との差が激しすぎるからです。
スライムですら、下級種族として扱われるのに、蜘蛛となれば現実世界でも嫌われ役になります。
そんな蜘蛛を主人公としたストーリーなので、ちょっと苦手な人には向かないのかもしれません。
もし、蜘蛛の生活に興味があるなら、かなり楽しめると思います。
転生系のアニメですが、主人公を蜘蛛にするなんて大胆な発想と感じました。
タイトルも「蜘蛛ですが、なにか?」と主人公が、開き直っている感じも面白いです。
ハッピーエンドなのか、バッドエンドなのか最後は、気になる作品となっています。

元々、インターネット小説サイト『小説家になろう』の原作ファンでした。作品のイメージが変わらないように文字から作画をし動かすのは難しいところですが、この作品は原作に違わぬイメージで原作ファンとしても楽しめました。
まず、主人公の蜘蛛がかわいいです。
蜘蛛なので手がいっぱいありますが表情や手の動きが豊かで、いい意味での蜘蛛らしからぬ愛嬌があります。
キラキラしたエフェクトが入ったりして蜘蛛の明るさが上手に表現されています。
この作品の良いところは、最近のアニメーションの傾向としてあるお腹にのしかかってくるような重たいイメージがないことです。
弱肉強食を文字通りいく世界でありながら、主人公の蜘蛛がとにかく明るいです。
その上で、少しずつ明らかになっていく、世界の秘密。
ただ変に明るいということでもなく、明るさにも理由があったりして、見返すのも面白いです。
そして、このような作品にはありがちとも言える、スキル。これが作品の中でとても重要になってきます。スキルに関しても設定がしっかりしているので、アニメーションを止めて細かいところも確認するとまた楽しいです。
日中働き、ようやく自分の時間がもてた夜中に見ると不思議な蜘蛛の明るさに張り詰めていた神経が解れるようなアニメです。

まとめ

『蜘蛛ですが、なにか?』はU-NEXTなどで配信中です!
初めて登録する方は、無料期間あり
無料期間のみ楽しみたい方は、3無料期間内に解約してもらうだけでOKです!
ぜひ無料期間を利用して視聴しちゃいましょう!!

蜘蛛ですが、なにか?」は
U-NEXTなどで配信中!/

※本ページは2021年7月時点の情報になります。
最新の配信状況は各サイトでご確認ください!

タイトルとURLをコピーしました